自宅で短期間で歯を白くできる大人気のホワイトニングアイテム


歯の色が汚いから白くしたい!
自分でなんとかする方法は?歯の汚れや黄ばみが気になり始めたときに多くの方がまずはそう考えるのではないでしょうか?
着色の状況や原因によっては自分で歯を白くする工夫もできますが、早めに歯科医院に相談した方がいい場合もあります。
まずは着色の原因・状況・歯を白くする方法の違いをしっかり確認しておきましょう!

そもそも着色の原因とは?

歯の着色原因は、内部からの原因と外部からの原因があります。

加齢による歯の黄ばみ

歳をとると歯は白色から黄色に変色していきます。
これは、表面を覆っている半透明の白色物質である「エナメル質」が、加齢に伴って磨耗し薄くなることで、内側の象牙質がより透けて見えやすくなるためです。

外部からの着色

コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することでも着色を引き起こします。
「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります。
ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー・お茶のほか、赤ワインやチョコレート、ココア、タバコなどが良く知られていますが、バナナや大豆製品など、一見意外なものにもステインの原因になりやすい物質が含まれています。

そして、歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる薄い膜があります。
ペリクルは食べ物のカスを虫歯菌が分解するときに発生する「酸」から歯を守るなどの良い働きがありますが、その反面ペリクルは色素をくっつけてしまうという働きもあります。

また、歯垢が歯に付着することでも着色を引き起こします。
歯垢は淡い黄色をしており黄ばみを目立たせますが、歯ブラシで容易に除去することができるので、着色の中でも比較的早く原因除去をすることができます。

歯垢が付着していると口臭も伴います。
さらに歯垢が長期的に付着していると、虫歯菌が産生した酸によって歯が溶け虫歯の原因にもなります。
虫歯は自然治癒することはないので、歯科医院で治療してもらうしかありません。

虫歯による色の変化

初期の虫歯では、歯の表面が「脱灰(歯の主成分であるカルシウムとリンが歯から溶け出すこと。進行すると穴が空き虫歯となる)」することによって起きるホワイトスポットという現象がみられます。
ホワイトスポットから進行すると、さらに虫歯が進み歯は黒色に変色します。

虫歯が進行していくと歯の神経は死んでしまい、神経が死んだ歯は徐々に茶色っぽく変色してしまいます。
また、乳歯の時に虫歯になってしまった歯を放置すると、永久歯の形成に影響を与えることがあります。

自宅でできる歯の汚れの落とし方

もっともお手軽と考えられるのが、ドラッグストアなどで売っているステイン除去アイテムを使用する方法です。
ホワイトニングに特化した歯磨き粉や、歯の表面を磨くことで歯を白く見せるホワイトニングペンなどがあります。
ホワイトニングに特化した歯磨き粉には、重曹や研磨剤などが入っており、表面に付いた着色汚れを削り落とす力があります。

また、電動歯ブラシの「ステイン除去機能」を利用することもお勧めですが、研磨剤入りの歯みがき粉と電動歯ブラシとの併用はお勧めできません。
電動ブラシは手で磨くよりもたくさん振動するため、汚れを落とす以上に歯を傷つけるリスクが高くなるためです。
電動ブラシを利用する場合は、研磨剤を含まず、汚れを浮かせて落とす効果があるジェルタイプのものとの併用がお勧めです。

次に、自宅でホワイトニングができる「ホームホワイトニング」という方法もあります。
これは歯科医院で漂白剤(薬剤)とホワイトニングに使用する歯型のトレー(マウスピース)をもらい(または市販のものを購入し)自宅でホワイトニングをするというものです。

ホームホワイトニングには、汚れを落とすことが目的のものと、歯の漂白を目的としたものがあります。
漂白を目的としたホームホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べ、漂白効果の出方が緩慢です。
そのため本格的な白さに到達するまでには長期間にわたりホワイトニングを行う必要があります。

投稿日:

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.