ワキガ臭や体臭を即効消臭!使い続ければ臭いの出づらい体質にすることができる話題のデオドラントクリーム


汗を抑えようとすればするほどにおいはきつくなってしまうのをご存知でしょうか?
しっかりと汗をかける体にすることも必要なのです。
そこでお勧めなのが汗腺トレーニング!

汗腺を鍛えて臭いづらい汗に近づけよう!

汗腺トレーニング

1. 高めの温度で半身浴
まず少し熱く感じるぐらいの温度(41~44℃)のお湯を湯船の3分の1ほど溜めます。
人によって熱いと感じる温度が違いますのであまり無理をしないのがポイントです。熱めのお湯でしっかり10~15分ほど半身浴をして特に両肘から先、両足も膝から下を入念に温めます。
末端が温まると血流が身体の中心部分に集中してくるのでアポクリン腺がある部分にしっかりと汗をかくことが出来ます。

2. 低めの温度で半身浴
次にお風呂のお湯に水を足して体温と同じぐらいの36~37℃にします。
そこでまた10~15分ほど半身浴をします。熱いお湯に入った時に自律神経の中の交感神経が優位になっていますからそれを副交感神経優位に戻します。そうすることでよりリラックスする効果があります。

3. 自然乾燥

半身浴が終わったら汗をしっかりと拭きとり服を着ずにそのまま自然乾燥させます。
ただ夏場は強めのエアコンNG、冬場はある程度部屋を暖かくしておいてください。自然乾燥して汗が引くまで待って、乾いたら終了です。
この時、しっかりと水分補給もしてください。大量の汗が出るので脱水症状になる危険性があります。
その水分補給の際にミネラルウォーターでも良いのですが、リンゴ酢や黒酢などのお酢を水や炭酸水で薄めて飲むのがおすすめです。汗腺の機能を向上してくれる働きがあります。その結果、汗の量が適量にコントロールされるようになりま。暑い時にはしっかりと汗をかく一方で臭いは弱くなります。
もし時間がとれないという方は週に2,3回でもやると違うと思います。運動好きな方はしっかりと汗をかく有酸素運動をするのでもOKです。

失敗しないわきが消臭クリームの選び方

1) 殺菌効果が高い成分が入っているか?
わきが対策に絶対に必要になってくるのは殺菌作用です。有効な殺菌成分はイソプロピルメチルフェノールや柿タンニンです。これらは安全でかつ、殺菌作用、抗菌作用もとても強い成分です。さらに、天然由来の消臭成分茶カテキンやミョウバンエキスなど高い効果が期待できる成分が入っているものを選びましょう。

2) 制汗効果が高い成分が入っているか?
わきがの原因となる汗を抑えることが出来れば臭いが防げます。制汗成分としてはパラフェノールスルホン酸亜鉛という強力な成分が入っているクリームがおすすめです。汗の中に含まれるたんぱく質と結びつくことで組織を収縮させ汗腺に蓋をするという作用があります。

3) 保湿効果が高い成分が入っているか?
わきがクリーム選びでかなり重要なのが保湿効果の有無です。塩化アルミニウム系の制汗剤は保湿効果が疎かになっている商品が多いのがかなりのデメリット。

保湿作用によってわきがの臭いを悪化させる皮脂や汗の過剰分泌を防ぐことが出来ます。有効な保湿成分としてはヒアルロン酸や、天然由来のアロエ、オトギリソウ、シャクヤクなどがあります。

4) 無香料であるか?
当然ですがわきがクリームは無香料のものを選びましょう。香り付きのものだとご自身のわきがの臭いと混ざり余計に強烈な臭いになってしまう恐れがあります。また鉱物油など余計な添加物が入っていないものを選びましょう。

投稿日:2018年7月2日 更新日:

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.